業種別サービス

  建設業・ゼネコン向け調査サービス
  ホテル業向け調査サービス
  ブライダル業向け調査サービス
  流通・小売業向け調査サービス
  ロジスティックス向け調査サービス
  IT産業向け調査サービス
  経営コンサルティング業支援
  昼夜逆転勤務シフトを含む働き方産業向け調査サービス
  土日祝繁忙型産業向け調査サービス
  サービス業向け調査サービス
  医療機関向け調査サービス
  製薬会社(特にMR)向け調査サービス


ロジスティックス向け調査サービス
<ロジスティックスでの調査の必要性>


物流産業(大手では日本通運、ヤマト運輸、佐川急便など)
・常態的に土日祝がサービスなどのピークで、休日は平日に固定されている。
・社員が家族とすれ違う
・社員が家族から孤立する
・社員と子供のふれあいが少なく、疎遠になる
・人が辞める 離職率が高い
・取引先対応が平日あり、部署間の連絡・連携が取りにくい
・人材の質が概して低い
・OJT、Off-JTともやりにくい
・人材が育ちにくい
・採用がしにくい
・好況はありがたいが、労働需給の悪化が逆にアダになる
・平日の営業日が暇で非効率
・営業稼働、製造稼働に波が大きく、平準化しにくい
・社員のモチベーションの維持が難しい
・利益/付加価値を社員の人件費に還元しにくく、給与が安くなる
・社員を転勤させにくい
・不正行為や横領が発生しやすい
・昼間のセキュリティが甘くなりやすい
・昼間の顧客対応が手薄になりやすい
・シフト管理の公平性の担保
などの問題を多かれ少なかれ抱えています。
そこで、日本総合リサーチでは、2つの部門で支援サービスを行っています。

・組織人事コンサルティング 日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
 なお、組織人事コンサルティングとは、スーパー社労士サービスと考えて頂きたい。
 変身前のハヤタ隊員が社労士なら、ウルトラマンが組織人事コンサルタント。
社会保険労務士とは組織人事に関しては素人、労務や年金の専門家。

・興信所による法人向けサービス 日本総合リサーチ(法人向け、JRO)

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向け、JRO)



医療機関向け調査サービス
<医療機関での調査の必要性>
医療機関は多くの問題を抱えています。
まず医師。問題を抱えた医師がいます。紹介会社を通して雇いますが、完璧ではありません。医師の経歴や前歴をチェックしないと、よくない医師を雇うことになります。例えば、精神科医や内科医などでドクハラを嗜好とするサディストも少なくないのです。そうした顔は同窓の医師にもわかりません。
また看護師。国家資格保持者の2割しか看護職に就いていません。新卒でない看護師の中に正体不明の看護師が含まれていますが、人手不足なので、雇わざるを得ません。面談で看護スキルや性格、資質、学習能力などすべて見破ることは不可能です。雇ってからでは遅いなら、調査せざるを得ません。しかし、個人情報保護法もあります。看護部長が前の勤務先に問い合わせるという手法は取りにくいです。
もちろん試用期間もあります。そこで事実上の雇止めも可能です。師長以外から言い渡すことも可能です。しかし、そのようなことを繰り返すことは問題です。
そもそも新卒で固めればいいですが、すべてを新卒で補える病院は全体の数%にも満たないです。
患者。クレーマーもいます。こうしたクレーマーを転院させないといけない場合もありますが、転院連発というわけにもいかないです。強制退院や出入り禁止はできなくないです。これは病院自ら敵を作ることにもなりかねないです。
ある精神病院は院長自ら出入り禁止を処理し、トラブル防止に心血を注いでいます。患者の中には元の主治医や関係した看護師と刺し違えたいという人物も含まれるからです。
病院は手術の際、そのすべてを録画しています。しかし、医療裁判になった際、敗訴しないように隠蔽したり、削除したり、問題箇所を再編集することもあります。そのため、手術の失敗で病院が敗訴することは滅多にありません。ただ、それがいつまで続けられるのか、医療ミスも怖いですが、隠蔽が暴露されることはもっと恐ろしいことです。
病院に行けば治る、少なくとも症状が緩和すると信じている人が多い。あるいはほとんど。しかし、医療機関は営利事業であり、収益を上げないといけない。軽い症状を悪化させ、治癒を遅らせ、入院や外来を促進しているところと噂されているところもあります。例えば、東村山市の三恵病院(徳野院長、赤石医長)や東京武蔵野病院(慶應系列の代表格)がそうだと噂されています。
私の母校である慶應の系列病院、出身者に多いとも言われています。そのような噂を払拭しないといけないです。
私の経験では、日大出身、日本医大出身には好人物が多い。他方、東大は二極化、慶応は経営志向が強い医師が多い。そんな印象があります。正直、母校出身の医師にはあまりかかりたくないです。
そんな経営はコンサルティングで経営改善したいと私は考えています。
また、組織の外敵は興信所の法人事業部で防衛できると信じています。

<参考:シフト勤務のある産業への支援>

<昼夜逆転勤務シフトを含む働き方産業での調査の必要性>
昼夜逆転の勤務って結構ある。
医療機関では、看護師、看護助手が働いているし、医師も当直勤務している。
勤務と当直ってどう違うのか?
勤務は基本的に起きて働く。寝ない。仮眠を取るとしても60分か90分くらいのもの。それでも時間外手当(通常時給の最低1.25倍)、深夜勤務手当(通常時給の最低1.5倍)が出る。だから、深夜勤務は休憩はあっても寝てはならない。その分、昼間は勤務しない。
当直は基本的に寝てよい。なので、医師も寝ているし、警官はいびきをかいて寝てる。何かあれば起きて対応する。当直は残業にならない。寝てていいから、当直手当しか出ない。
当直医師は適当な対応をする。寝るほうが健康のために大事だからだ。
警察は土日、当直体制。だから、ほとんど不在状態。よって、土日に犯罪を起こすと迷惑がられる。警官も週休2日、通常対応は平日9-17時のみ。
犯罪者は動きやすいように土日祝に動く。警官に動きを見られたくないからだ。
大手の探偵社の探偵も同じ。中堅以下は土日しっかり休んでいる。
まあ、これは冗談だ。
私は会話や通話はすべて録音している。仕事柄もあるが、護身のためでもある。
警察などでもそうで、警官のわからないように録音するレコーダーを隠してある。
できの悪い高卒が多く、バカでガテン系の多い警官はカマをかけると、すぐ乗ってくる。逆手に取れば、すぐ解放してくれる。言ってよいこと、まずいことはさすがにわかる。言い方もそう。
当直空けの警官は昼間、電話対応する。ほとんど例外なく眠そうに話す。やはり枕が変わると、眠れないのだろう。警察は枕を自宅から運んでやる義務がある。軽い睡眠薬で熟睡はできない。

<昼夜逆転勤務シフトを含む働き方産業での問題>
・常態的に土日祝が販売やサービス・製造などのピークで、休日は平日に固定されている。
・社員が家族とすれ違う
・社員が家族から孤立する
・社員と子供のふれあいが少なく、疎遠になる
・人が辞める 離職率が高い
・取引先対応が平日あり、部署間の連絡・連携が取りにくい
・人材の質が概して低い
・OJT、Off-JTともやりにくい
・人材が育ちにくい
・採用がしにくい
・好況はありがたいが、労働需給の悪化が逆にアダになる
・平日の営業日が暇で非効率
・営業稼働、製造稼働に波が大きく、平準化しにくい
・社員のモチベーションの維持が難しい
・利益/付加価値を社員の人件費に還元しにくく、給与が安くなる
・社員を転勤させにくい
・不正行為や横領が発生しやすい
・昼間のセキュリティが甘い
・昼間の顧客対応が手薄になりやすい
・シフト管理の公平性の担保
などの問題を多かれ少なかれ抱えています。
そこで、日本総合リサーチでは、2つの部門で支援サービスを行っています。

・組織人事コンサルティング 日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
 なお、組織人事コンサルティングとは、スーパー社労士サービスと考えて頂きたい。
 変身前のハヤタ隊員が社労士なら、ウルトラマンが組織人事コンサルタント。

・興信所による法人向けサービス 日本総合リサーチ(法人向け、JRO)

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向け、JRO)






昼夜逆転勤務シフトを含む働き方産業向け調査サービス

<昼夜逆転勤務シフトを含む働き方産業での調査の必要性>
昼夜逆転の勤務って結構ある。
医療機関では、看護師、看護助手が働いているし、医師も当直勤務している。
勤務と当直ってどう違うのか?
勤務は基本的に起きて働く。寝ない。仮眠を取るとしても60分か90分くらいのもの。それでも時間外手当(通常時給の最低1.25倍)、深夜勤務手当(通常時給の最低1.5倍)が出る。だから、深夜勤務は休憩はあっても寝てはならない。その分、昼間は勤務しない。
当直は基本的に寝てよい。なので、医師も寝ているし、警官はいびきをかいて寝てる。何かあれば起きて対応する。当直は残業にならない。寝てていいから、当直手当しか出ない。
当直医師は適当な対応をする。寝るほうが健康のために大事だからだ。
警察は土日、当直体制。だから、ほとんど不在状態。よって、土日に犯罪を起こすと迷惑がられる。警官も週休2日、通常対応は平日9-17時のみ。
犯罪者は動きやすいように土日祝に動く。警官に動きを見られたくないからだ。
大手の探偵社の探偵も同じ。中堅以下は土日しっかり休んでいる。
まあ、これは冗談だ。
私は会話や通話はすべて録音している。仕事柄もあるが、護身のためでもある。
警察などでもそうで、警官のわからないように録音するレコーダーを隠してある。
できの悪い高卒が多く、バカでガテン系の多い警官はカマをかけると、すぐ乗ってくる。逆手に取れば、すぐ解放してくれる。言ってよいこと、まずいことはさすがにわかる。言い方もそう。
当直体制中の警官は昼間、電話対応する。ほとんど例外なく眠そうに話す。やはり枕が変わると、眠れないのだろう。警察は枕を自宅から運んでやる義務がある。軽い睡眠薬で熟睡はできない。

<昼夜逆転勤務シフトを含む働き方産業での問題>
・常態的に土日祝が販売やサービス・製造などのピークで、休日は平日に固定されている。
・社員が家族とすれ違う
・社員が家族から孤立する
・社員と子供のふれあいが少なく、疎遠になる
・人が辞める 離職率が高い
・取引先対応が平日あり、部署間の連絡・連携が取りにくい
・人材の質が概して低い
・OJT、Off-JTともやりにくい
・人材が育ちにくい
・採用がしにくい
・好況はありがたいが、労働需給の悪化が逆にアダになる
・平日の営業日が暇で非効率
・営業稼働、製造稼働に波が大きく、平準化しにくい
・社員のモチベーションの維持が難しい
・利益/付加価値を社員の人件費に還元しにくく、給与が安くなる
・社員を転勤させにくい
・不正行為や横領が発生しやすい
・昼間のセキュリティが甘い
・昼間の顧客対応が手薄になりやすい
・シフト管理の公平性の担保
などの問題を多かれ少なかれ抱えています。
そこで、日本総合リサーチでは、2つの部門で支援サービスを行っています。

・組織人事コンサルティング 日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
 なお、組織人事コンサルティングとは、スーパー社労士サービスと考えて頂きたい。
 変身前のハヤタ隊員が社労士なら、ウルトラマンが組織人事コンサルタント。

・興信所による法人向けサービス 日本総合リサーチ(法人向け、JRO)

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向け、JRO)











IT産業向け調査サービス
<IT産業での調査の必要性>
ITソフトは、個人情報流出のOS(WindowsかMac)・アプリケーションみたいなものだ。
ITではうつ病が多く、その発症率は5-10倍。激しい頭脳労働のせいなのか、テクノストレスなのか、単にPCの電磁波のせいなのか、原因不明で、脳内の神経伝播物質の1つであるセロトニンが薄くなり、うつになる。
うつになると、休職し、自動退職し、失職して精神病院に入り、最悪は一家離散、生活保護、障害者年金受給で延命はできるが、抗うつ剤で性欲も大幅減退してしまう。一旦、うつになると、病状は緩和できるが、完治はあり得ない。この不治の病を抱えた社員を普通に処遇している会社は日本に数社しかない。
東京電力がかつてそうだったが、東日本大震災の後にうつになったら解雇になった。電力会社が優遇制度をやめた際、ガス会社も優遇策を解除した。
それ以外でうつ病社員を厚遇し続ける例はNTT本体の研究職で業績があった人だけだ。その人にはたくさんの機密が知られているので、自然死以外、定年まで退職させない。
30年前の出光興産もその一つだったが、往時の社員数の1割強しかいない出光にそんな制度はもちろんない。今では佐三という言葉が禁句になっているという。
ベテランのSEは、どこからでも元の会社にアクセスし、ログインし、データをダウンロードできる。
私自身、元の会社を訪ねた際、管理職だったので、受付も通さないし、扉の暗証番号はそのままだった。鍵はピッキングでも空けられる。
私は実家が工事業なので、自宅にはピッキングで入り、息子にも子供時代に教えた。息子も自動車以外は基本的にピッキングで扉をすぐに開ける癖・技術がある。
これはたとえ話だ。
IT産業ではうつなどの精神病で失職してしまう人が多い。しかし、SE業務を通じて統合失調症や人格障害などが起こることもあることは知られていない。こうした精神疾患は精神科医ですら、短時間には診断できない。もちろん、素人には無理。やる気のない産業医(内科医がほとんど)にも無理。
IT系企業は企業のセキュリティを司る。しかし、提供する企業自身、巨大なリスクと背中合わせなのだ。

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向け、JRO)



建設業・ゼネコン向け調査サービス
<建設業での調査の必要性>
私(永井隆雄)は、2年ほど関西経済同友会という経済団体にいた。その事務局で主任研究員をしていて、いくつかの委員会を担当した。企業経営(住友金属)、国際通貨問題(日本生命)、経済政策(大林組)、代表幹事(関西電力と住友銀行-当時-)、その他、サントリーなどとお付き合いした。
大林剛郎氏は当時、幹事。慶應の先輩で、卒後はスタンフォードで建築を専攻。大林の副社長から社長を経ないで、副会長。関西経済同友会の代表幹事になって活躍された。
経済政策委員会は事務局で経済に最も精通した私が担当した。1990年代半ば、過剰な金融政策でバブル崩壊、乗数効果の小さい公共工事(1.1程度)もできない、財政政策は国庫から大判振る舞いもできない。仮にしても後に財政赤字が膨らむ。それは将来不安を招き、個人消費を委縮させるから、当時はもう規制緩和しか手がないと考えた。
公共工事を否定することはスーパ-ゼネコンとしてできない。しかし、してもらわないと困る。私は何度も大林組のスタッフ(委員会委員長を支える役割)と打ち合わせする必要があった。
そこで、お昼休みの1時間、ビルまで来てもらい、経済原論から解説。スタッフを慶應経済出身の人にしてもらった。そして、夕方以降、食事をさせてもらい、アイスクリームやコーヒーを飲んで、スタッフと雑談がてら話し、あらかじめ用意した資料で説明。どうにか、提言作成にまで漕ぎつけた。
また、大林剛郎さんには、規制緩和による経済政策が必要とのレジメを渡し、口頭で手短に説明、スタッフから補足させた。剛郎さんも慶應経済、基本的な経済学の知識はあるはず。しかし、規制緩和がなぜ経済政策になり、企業収益向上を通じて景気をよくするのか、理解させるにはその時代には難しかった。
日本政府はその後、小泉・竹中時代、官公庁を合併させ、新自由主義による経済政策を断行。しかし、これは雇用劣化を招き、少子・高齢化を招き、過剰な規制緩和路線を暴走した。共産党切ってのブレーンである二宮厚美は、『新自由主義の暴走』という本を書いて、小泉路線を批判した。そのすべてを肯定できないが、私は二宮の分析力、洞察力、将来に対する炯眼、実証力は評価している。しかし、官僚批判しないのは、官僚社会を志向する共産党路線に沿った限界だ。所詮、二宮はコミュニスト、日本人の幸福を語る資格はない。
日本政府は国民を犠牲にして官僚は十分に手厚くした。しかし、天下りを批判した提言は東大卒の官僚志向を減殺した。年年歳歳、東大出身の官僚は減り、その質は下がっている。
私なりに新自由主義路線を訴えるしかその時はなかった。そして、官僚は、空港など天下り先をむしろ拡大し、新自由主義の反対路線を取った。大阪府・大阪市など自治体も、天下り先の拡大に奔走した。小泉・竹中路線が続けば、官公庁や自治体は天下り先がどんどん減ってしまう。駆け込むように、関空二期工事などのプロジェクトが急ピッチに進められた。私自身、関空二期工事は不要だと考え、関空の閉鎖、琵琶湖に国際空港を作ればいいと言いたかったが、大阪府は私にその会議への出席を依頼してきた。

問題は何か?
大林組は、私を接待し、打ち合わせするにあたり、ファミレス、ステーキハウス、寿司、サーティワンアイスクリーム、マクドナルド、モスバーガー、居酒屋、サウナなどに同伴し、そのレシートすべてを経費として落とした。決してたかったわけではない。時間や場所などやむを得なかった。何でも落とせる、こんな会社、製薬会社以外にあり得ない。破格の給与なら、自腹を切る。

私は住銀とも打ち合わせした。いつもサウナで各自払い。生ビールは相手が払うこともあった。住銀は当時、32歳で1200-1500万もらえた。大林とは事情が違った。住銀の担当スタッフは経済についてある程度詳しい。修士を出たのも海外MBAもいる。しかし、本当に経済政策を理解しているわけではない。当時、売り出し中の高橋進@日本総研も株価動向のことしか考えていない。証券会社の課長クラスのレベル。
今の三井住友銀行は人件費が安い。定年は50歳。その前に出される行員が多い。再就職しやすいなら、早い方がいい。役員も数人残して、タコが足を食うように哺乳類並み4本足。銀だこの吸盤を見てもわからない。企業年金もピーク時の半分程度。メガバンクで一番身軽。財務内容は2番目だが、UFJの次。あれだけ身軽にするには手術代がかかる。

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向け、JRO)









ホテル業向け調査サービス
<ホテル業での調査の必要性>
東野圭吾の『マスカレードホテル』が人気だ。『マスカレード・イブ』はさらに売れている。東野圭吾の文章は拙いし、段落構成もかなり稚拙だ。ぶつ切りでつながりが不明の部分もある。しかし、そんなことを問う時代ではなくなった。
マスカレードホテルは女性に人気だが、とにかくエロい。私なら、娘がこの小説の実写版に出る話があるとすれば、キムタクが出るからではなく、断れっていう。嫁入り先がなくなるって。まして、マスカレードイブだったら、勘当するしかない。色基地外かっていう。
実写版は何もAVではない。本番もない。したがって、モザイクもない。前張りも必要ない。淡々とした淡麗な冷酒だ。
ホテル・コルテシア東京のスタッフである山岸尚美は、どんな女性か不明だが、高校時代に初体験、しかし、その彼とは疎遠になり、大学時代にサークル活動を通じて新しい彼氏ができた。文面からして尚美には、ほかにも肉体関係を持った形跡がある。というのも、元カレは気まぐれで、尚美とはつかず離れずの関係で、元彼自身が複数の女性との付き合いの中で揺れていたからだ。そんな彼では尚美も揺れるしかない。最後はあいまいな関係のまま卒業し、尚美は4つ星くらいと思われるホテル・コルテシア東京に就職した。
現在、3年目くらいで、新人の面倒もいる。こんな女性が卒後、3年間、セックスレスだったはずがない。女性が一番、性欲が強く、セックスに関心が強い時期で、好奇心からいろいろなフェチを楽しむ時期だ。もちろん、そんな指摘はない。想像を何となく掻き立てるのが著者(東野圭吾)のテクニックなのだ。というのも、「この間、全く恋人がなかったわけではないが」という意味深な記述があるのだ。恋人とは全く言えない関係が複数あるということは、「男女としての肉体関係はそれなりにあったのだが、体の相性がぴったりではなかったり、試しに絡んだけど、それきりで付き合いにはならなかった」ということ以外、意味しない。
つまり、山岸尚美なる主人公は高校時代に恋愛し、初体験を済ませ、時に妊娠の心配をしたりして大学生になった。そして、大学時代は4-6人程度の彼氏、あるいはそれに準じる男性とセックスしたりデートしてこの時点6人。そして、勤めだしてからは5-10人の性体験を持つ普通の女性。年齢は25-26歳、男性経験10-15人というどこにでも普通の女性なのだ。それをこのように表現するのはどぎつい。しかし、男性向けとしては物足りない。むしろ、毎週のようにハプニングバーか乱交パーティで10-20人とのプレイを楽しむ女性、CAや風俗嬢ほどではないが、性的にはフリーな女性が主人公ではこの物語にはふさわしくないのだ。
連続殺人事件ということになっているが、それはそれとしてストーリーになっている。しかし、サスペンスとしては二流の小説だし、その描写には驚くほど軽いタッチで描かれている。
というのも、尚美がホテル・コルテシア大阪に出張し、新人育成やスタッフ教育に出張した際のエピソードが描かれている。そこでは当然、殺人事件はない。そして、3人も殺されているのに、まるで尚美は何もなかったように冷静。普段の様子。いくらホテルが金を取って人を泊めたらおしまいでも、多少のショックは受けるはず。
そんな尚美の関心事はやはりセックス。ナイスミドルの男性(大学教授風、50-55)、訳ありで離れて歩く40-45歳くらいの個性的で品があり、美しい女性(深い帽子などで顔を隠している)が同室に泊まり、ホテル内のラウンジやレストランで会話を楽しみ、ダブルベッドで濃密なセックスをした様子をうかがわせる描写がえんえんと3ページ、記述されている。これは永井荷風の『墨東綺譚』よりエロい。
この小説はサスペンスでないから、ここに大阪が描かれる。大阪にした理由は不明だが、東野が通天閣や新世界、十三、天王寺、矢田温泉などを知らないからだろう。

そんなホテルで問題になるのは、盗聴器だ。
女子トイレの盗撮が趣味という男性がいて時々、捕まるが、たいがいは常習犯なのに、初犯扱い、不起訴になる。
警察も盗聴や盗撮はやっているから緩いのかもしれない。
ホテルのダブルなんて男女が睦み合うことが多い。それが聴きたい人がいてもおかしくない。
韓国ではかなりいいホテルに泊まっても、盗聴でなく、盗撮・盗聴され、そのままオンラインで販売されているらしいから、日本人はたくさんAVに出演していることになる。
まして、テレビによく出るタレントの睦みなら話し声だけでわかる。その絡みのシーンは声だけでも販売可能だ。女性器が映っていないから、わいせつ図画にもならない。
政治家、役員会、重要な商談などホテルでやれば大丈夫だと思ってよく使われる。
まさか東横インで政治家が打ち合わせするわけがない。
我々日本総合リサーチでもしばしば依頼される盗聴器対策だ。

ボタン
日本総合リサーチ










ブライダル業向け調査サービス
<ブライダルでの調査の必要性>
結婚式場や披露宴をコーディネートするブライダルの場面では打ち合わせが実施されます。
小さな会場(例えば12名程度)の場合、2時間程度の打ち合わせが行われ、花(ピンからキリまである)、食事内容(ピンからキリまである)、当日にかける音楽(無限にある)などを最終確認をします。
このような小さな会場でさえ、5%程度の破談が生じるのです。
育った環境の異なる新郎・新婦、こんな式と披露宴の問題で既に入籍している場合は、離婚することさえあるのです。仕切り直しで険悪なムード、一旦会場をキャンセルし、再度、打ち合わせから開催することもあるのです。
このような問題は事前に知っておくべきことで、リスクを回避できます。また、ここで揉める夫婦は短期間で離婚してしまう可能性もあります。お互いの金銭感覚でギクシャクするからです。
お互いの家柄、育ってきた環境、小会場は離婚歴のあるカップルが多いので、離婚理由などをお互いに確認し、知っておくべきなのです。
近年、恋活婚活サイトでの出会いなどが急増、結婚前に十分にお互いを理解し合う期間が短くなり、また、情報交換も表面的で、体の相性以外、よくわからないまま、婚約・結婚してしまうことが少なくなくなっています。体の相性だけで結婚生活はうまくいかないのではないでしょうか?

<日本総合リサーチのサービス>
 ブライダル産業からのご依頼があれば、法人向けサービスを行います。

ボタン
日本総合リサーチ

<大阪私立探偵社のサービス>
 日本総合リサーチの業務提携先の1つである大阪私立探偵社は私立探偵の老舗です。
 興信所とも言います。
 その一つのサービスの1つに結婚調査があります。
 <結婚調査>
 ・ギャンブル癖はないか?
 ・風俗通いの習慣はないか?
 ・同時並行の交際はないか?
 ・家柄や実家の家族構成?
 ・離婚歴 結婚期間など
 ・本当の離婚理由?
 ・過去の主な交際歴とその期間、相手(不倫はないかなど)
 ・同棲歴
 ・中絶歴
 ・勤務先、勤務先での地位や評価等
 ・収入の履歴
 ・借金の額と借入先
 ・性格に関する風評
 ・学歴や経歴
 ・前科
 など婚約者・既に入籍した相手の状況などを調べることができます。

大阪私立探偵社
電話番号 0120-507-830
代表者:井上 清(危機管理関連担当)
井上 shinsaibashi@yahoo.co.jp
URL http://riskmanagement.jp/
メールでも気軽にお問い合わせください。

ボタン
日本総合リサーチ(法人向けサービス、JRO)
日本総合リサーチ(個人向けサービス、JRP)
大阪私立探偵社




流通・小売業向け調査サービス
<流通・小売業での調査の必要性>
単価の安い商品を反復的かつ日常的に販売する小売業によって万引き対策は重要です。コンビニなどをはじめ、重厚な万引き対策が取られています。しかし、単なるアルバイトでしかないスタッフによる盗難には意外に脆く、15年前の時点では、売上の8%もの盗難が内部スタッフによって行われてきました。
純利益ベースで収益を圧迫する数字で、その後、莫大な投資や仕掛けでこの数字を圧縮してきましたが、それでもなお、利益ベースでは小さくない数字があるとされています。そのため、オーナー店長は年収300万程度しかないと言われています。コンビニは非常に便利で、最新鋭の装置で顧客にも便利、また本部も損をしない仕組みとして完成しましたが、オーナーにはリスクと背中合わせで、近隣店はすべて競合し、高コスト体質なのです。
東京には西武沿線沿いにほぼすべての駅に西友があります。当初、総合的な中規模スーパーとしてスタートした西友、食品部門は比較的収益が上がっていますが、4階ないし5階の建物のうち、2階は雑貨で赤字、それ以上のフロアは100円均一チェーンへの賃貸などを行っていますが、借主がなく、食品部門の赤字と相殺し、呻吟しています。西友は売上対比で見れば、利益はほとんどない状態です。
莫大な盗難対策を行っても原因が不採算フロアにある以上、会社としては赤字になっているのです。もう廃業か店舗を大幅に削減するしか西友には選択肢はないのです。
IYグループは出店過多、本社人件費過多で赤字になりました。セブンイレブンの子会社になり、延命し、正社員を3分の1にし、大部分のスタッフをパートにしました。IYはリストラで破綻を回避しました。しかし、セブンイレブンは、人口減、代理店の後継者難、個人消費の減少など20年後には厳しい現実に直面することは確実です。
IYグループは、流通業界のトップ優良企業としての自負がありました。現在でも中央大学大学院MBAコースはIYグループのノウハウで指導・教育しています。しかし、20年後ににっちもさっちもいかなるこの会社/グループのノウハウ/経営学が何の役に立つでしょうか?
流通・小売業が大きな波を乗り越えて延命するには今すぐに対策を打たなくてはいけない。そのためにはまず調査を行って、現状を把握しなければならないはずです。

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向けサービス、JRO)




経営コンサルティング業支援
<経営コンサルティング業での調査/支援の必要性>
企業の様々なニーズを解決するとする経営コンサルタント。果たしてマルチに対応できるのでしょうか?
私(永井隆雄)は、三井住友銀行系の日本総合研究所、マネジメントサービスセンター、アーサーアンダーセン(現在のアクセンチュア)などに勤務したほか、ヒューマンバリュー、コンピテンシーコンサルティング、日本経営研究所(NOMA)、㈱CUBIC(AGP行動科学分析研究所)、プライスウォーターハウスクーパース、日本PDI、リクルート・グループ各社、ビジネスコンサルタントなど日本でも有数のコンサルタント会社をサポートしました。
戦略系コンサルティングファーム(マッキンゼー、ボストンコンサルティングなど)、外資の組織人事系コンサルティングファーム(マーサー、ヒューイット、ヘイコンサルティンググループなど)、日系では個性的な株式会社トランストラクチャと接点を持ちました。
そして、こうしたコンサルティング会社には得意な技がわずかしかなく、相撲で言えば、決め技が2-3しかなく、総合力がないことを知りました。また、看板とされるコンサルタントでさえ、学識もなく、英語もできず、一部のスタッフに学歴があるだけで、顧客ニーズを満たせず、呻吟・煩悶し、外部の力に頼っていることを知りました。
例えば、リクルート/リクルートワークス研究所は日系HRサービスでは最大級、私も中国取材、北米取材、イタリア取材などを手伝い、様々な組織言語体系を整備しました。しかし、内部リソースは何もなく、外部委託にほとんど頼っていることも知り、通訳・翻訳・コーディネートなどをしました(英語・中国語・イタリア語)。
古巣の日本総合研究所は、私の書いた『コンピテンシー活用便覧』を使って組織人事クラスターは回しています。
また、MSCこと、マネジメントサービスセンターは、私の作成したインバスケットで演習を行い、ディメンション(評定基準)も私が整理し、一度作ったディメンションを16に戻して、私の作った行動指標を使用しています。
我々は、こうしたコンサルティングファームの舞台裏を支えていくしかありません。しかし、ボランティアばかりしているわけにはいかないです。
私がこのようなサポートができたのは、米国の専門家の著作や論文、コラムを必要なものはすべて読み、適宜、現地に足を運び、商品開発や概念構築に心血を注いできたからです。仕事のふりをして高い報酬をもらい、学ぶこともなく、考えることもない張りぼてのコンサルタントは信用しなかったからです。

ボタン
 日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)




土日祝繁忙型産業向け調査サービス
<土日祝繁忙型産業での調査の必要性>
産業分類にはありませんが、土日祝繁忙型産業があります。次のような特徴があります。
・常態的に土日祝が販売やサービス・製造などのピークで、休日は平日に固定されている。
・社員が家族とすれ違う
・社員が家族から孤立する
・社員と子供のふれあいが少なく、疎遠になる
・人が辞める 離職率が高い
・取引先対応が平日あり、部署間の連絡・連携が取りにくい
・人材の質が概して低い
・OJT、Off-JTともやりにくい
・人材が育ちにくい
・採用がしにくい
・好況はありがたいが、労働需給の悪化が逆にアダになる
・平日の営業日が暇で非効率
・営業稼働、製造稼働に波が大きく、平準化しにくい
・社員のモチベーションの維持が難しい
・利益/付加価値を社員の人件費に還元しにくく、給与が安くなる
・社員を転勤させにくい
・不正行為や横領が発生しやすい
などの問題を多かれ少なかれ抱えています。
そこで、日本総合リサーチでは、2つの部門で支援サービスを行っています。
・組織人事コンサルティング 日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
・興信所による法人向けサービス 日本総合リサーチ(法人向け、JRO)

ボタン
日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
日本総合リサーチ(法人向け、JRO)



サービス業向け調査サービス
<サービス業での調査の必要性>
サービス業も様々で、多種多様ですが、様々な問題を抱えています。
・常態的に土日祝が販売やサービス・製造などのピークで、休日は平日に固定されている。
・社員が家族とすれ違う
・社員が家族から孤立する
・社員と子供のふれあいが少なく、疎遠になる
・人が辞める 離職率が高い
・取引先対応が平日あり、部署間の連絡・連携が取りにくい
・人材の質が概して低い
・OJT、Off-JTともやりにくい
・人材が育ちにくい
・採用がしにくい
・好況はありがたいが、労働需給の悪化が逆にアダになる
・平日の営業日が暇で非効率
・営業稼働、製造稼働に波が大きく、平準化しにくい
・社員のモチベーションの維持が難しい
・利益/付加価値を社員の人件費に還元しにくく、給与が安くなる
・社員を転勤させにくい
・不正行為や横領が発生しやすい
などの問題を多かれ少なかれ抱えています。
そこで、日本総合リサーチでは、2つの部門で支援サービスを行っています。
・組織人事コンサルティング 日本総合リサーチ・コンサルティング(JRC)
・興信所による法人向けサービス 日本総合リサーチ(法人向け、JRO)






製薬会社(特にMR)向け調査サービス
<製薬会社(特にMR)での調査の必要性>
私(永井隆雄)はバツイチです。
恋活婚活サイトでいろいろな女性と知り合い、出会いました。もう10年近く前、2010年頃のこと。
その一人に帝人ファーマのMRをしている女性がいました(同志社理工卒、函館出身)。
女性は私に会うために博多にやってきました。というのも、私は当時、九州大学医学部の大学院の講師で、院生に研究計画法や統計学を教えるとともに、私自身も経済学部の博士課程で、人的資源管理論で博士論文を書いているところでした。
大阪には月に3-4回、帰っていました。当時、私は100平米のマンション住まいで、女性と会うには十分な広さでした。
まず、空港から地下鉄で30分程度のところ、タクシーで移動し、私のマンションの前に来ました。3000円くらいかかったはず。
九大の仲間内から合コンをやってくれと頼まれ、私は出ませんでしたが、この女性が仕切り、帝人ファーマの福岡支店からメンツをそろえてくれました。助かりました。九大の仲間は喜びました。
私が大阪に帰った際は、雑談を交えて、おしゃべりし、江坂の彼女の家にも泊ったし、ごちそうを食べさせてくれました。いつも彼女が払って処理してくれました。ラブホ代まで彼女がレシートをもらって処理していました。こんなことは初めてでした。
半年ほどお付き合いし、母にも紹介し、真面目に交際していると話しました。そうしたら、食事に行こうということになり、私と母がよく行ったフレンチに行くことになり、電話で予約しました。電話番号を調べると、MRの彼女があれこれと注文し、先方と明後日、行くということになりました。お店がその日の明日では準備できないと言ったのです。
フレンチは最高のものでした。ワインもおいしく、母も大喜び、しかし、母も支払いを少し心配しました。そうしたら、彼女は「お母さん、今日は私がおごらせて頂きます。安心してください」と言いました。
請求は18万でした。カードで支払いながら、「レシートは今日の日付で、人数は要らない」と言いました。私が母に「18万やから、安いって」というと、母は驚きました。私と母はタクシー、その代金として1万、彼女は母に渡しました。実際には1000円未満なので、そんなに要らない。
私は母に営業担当なので、湯水のごとく使えると説明しました。
その後、お寿司を母とごちそうになったこともある。20万以内なんだろう。
その後、私が食事などの際に服薬している薬が気になったらしく、帝人ファーマのスタッフに調べさせました。デパゲンという向精神薬で、妊婦は減薬しないといけない薬です。これが交際をやめるきっかけになりました。男性が飲んでも子供に影響があるんだそうです。服薬をやめたら、と言ったら、というと、遺伝子レベルで組み込まれていて、そのリスクがある以上、交際は難しいということでした。
母は「営業職ってええな」と言いました。「あんたもこれから営業やったらどうか」と言いました。
私は、彼女が開業医担当で、医師から体の関係を強要されていることも知っていた。イケメンMRが厚生年金病院の3人の女医を本気にさせ、体の関係で燃えさせ、女医3人が女子会に参加、待ち受けに同じ男があることを知り、ショックを受け、竿姉妹。竿が出入り禁止になったことも知っている。MRは文字通り、身体を張った仕事。ホスト以上に過酷、売られたソープ嬢みたいな一面もあることを知っている。知らないのは母だけだ。

私は帝人ファーマのMR社員が不正行為をしているとは全く思わない。製薬会社の大手が多かれ少なかれ同じ状態なんだと思う。実際、武田薬品など大手は才色兼備のイケメン、美女を投入している。
自分自身が本番しなくても、風俗接待はてんこ盛り、帝人ファーマの接待も、観劇、風俗(デリヘル、ソープ、SMクラブなど)など何でもあり。私にしても、安い風俗なら、利用させてもらえた。飲食など必要な額だけ処理できる。私と母だけでも50万以上飲食した。感謝しているので、帝人ファーマを紹介した。
帝人には何人か知り合い、同級生もいるが、老舗であり、もちろんこのようなことはしていない。私の大好きな初恋の加藤千恵さんは帝人OGだ。

問題はこれだけ自由に接待費が使えると、真水がいくらなのかということだ。
公私混同は婚活で100万くらいは軽く使われた。MRは時に身を投げ出して女医を抱き、落とせない開業医は女の武器で落とす。女医も体を開き、何もかも一時は帝人から何も買った。しかも、主な部門(診療科)だ。大阪の厚生年金病院には整形外科と内科が主。3人医師を落とせば、かなり仕事が取れる。

我々、日本総合リサーチは製薬会社ほか、あらゆる接待費の構造が許容範囲なのかを診断するサポートします。

ボタン
日本総合リサーチ